blog

酒さ様皮膚炎とスキンケア

2014年2月10日 美人が実践するアンチエイジング美肌術

先日、酒さ様皮膚炎でお悩みのお客さまと

少しお電話で話をさせていただきました。

今月初めにお問い合わせのお電話をいただいたお客さまです。

きっかけは、クレンジングに関してのお問い合わせ。

当時、ミルククレンジングをご使用とのことでしたが、

できるだけ肌に負担のないものをお探しの様子でした。

 

日頃のお手入れ方法を伺ったところ、

できるだけお肌のことを考えて、朝はぬるま湯で洗顔、そして

スキンケアは控えられて、UVカットの下地とパウダーファンデーション。

化粧品選びにもお手入れにも慎重になっていらっしゃる

お気持ちが十二分に伝わってまいりました。

 

結果として、弊社のエッセンシャル クレンジング&ウォッシュを

お買い上げいただき、ご使用いただいたところ

肌トラブルもなくいい感じとのお言葉。

少し肌の赤味がうすくなった気がするともおっしゃっていただきました。

そのようなお言葉をいただけることに感謝の気持ちでいっぱいです。

化粧品の仕事をしていて最高にありがたい瞬間です。

 

☆☆☆

 

酒さや酒さ様皮膚炎に関するお問い合わせを機に

色々と詳しく調べてみました。

まだまだ詳しく解明されていない部分もあるようなのですが、

対処療法として肌へストレスを与えないことに尽きるようです。

皮膚疾患に対してステロイド外用剤が使われることがありますが、

それを長期間使用した際の副作用に、この酒さ様皮膚炎があります。

安易にステロイドを使うのは危ういと改めて実感。

できるだけ肌に負担を与えずに、

自然治癒力・自己回復力で改善できればそれが一番です。

 

また、酒さ様皮膚炎につながる原因として多いものが、

脂漏性皮膚炎です。

これは皮脂が多い人にも、少ない人にも見られており、

原因はよくわかってはいないとのこと。

ストレスや睡眠や食生活の乱れが関与するとも言われていて

お肌の生活習慣病といったものです。

脂漏性皮膚炎になると、肌は敏感になりますので、

とにかくシンプルなスキンケアに徹することが肝要です。

食生活の部分では、DHAやEPAのような青魚の良質な油、

必須脂肪酸である、オメガ3脂肪酸をバランスよく

(対オメガ6脂肪酸)摂取することがポイントでもあるようです。

 

☆☆☆

 

化粧品だけにたくさんお金をかけても、美肌はつくれません。

生活習慣、とくに日々の食生活のバランスを保つこと。

ヒトの身体も、お肌も基本はバランスの最適化です。

そのためには、特殊な薬に頼ったりせずに、

自身の肌力を引き出すスキンケアがオススメです。

アンニテンプスもそのお役に立てる一つの方法だと信じています。

 
**********************************************************************************
 
◆少なくなるセラミドを補う”賢い保湿”で35歳の肌にうるおいキープ!

◆35歳の肌の”潤いをしっかり残して”汚れを落とすマツエクが長持ちすると評判のクレンジングはこちら

pagetop

メーク落とし洗顔

濃厚美容液ケア

ブログ

お問い合わせ