blog

福山雅治さんも石鹸は使わない

2015年7月7日 美人が実践するアンチエイジング美肌術

先週末、何げなく観ていた番組で紹介されていたこと。

福山雅治さんは、

メイクを落とした後のダブル洗顔は厳禁。

石鹸やボディーソープも使わないのだとか。

ネットで検索すると、

石鹸を使わないと語っているコメントを多数発見。

同時に、タモリ式入浴法も実践しているとのこと。

もう随分前から、

石鹸を使っていないようです。

acean-aesthetic-aesthetics-art-Favim_com-2843640

 

◇ ◇ ◇
 
福山雅治さんの美肌を保つ秘訣・・・

メイクを落とす時は、オイルクレンジングで落として、

その後はお湯で洗うだけ。

とのことのようです。

石鹸でダブル洗顔しない点は、とっても納得できます。

石鹸でのダブル洗顔は、洗い過ぎで肌の乾燥を招くだけ。

でも、

「オイルクレンジング」と「お湯」にはちょっと疑問符が。

どちらも、肌を乾燥させる傾向があるので、

それを教えてあげたいところですが、

残念ながらその術がいまのところ見当たりません。

このブログを見つけてもらうしかないようです(笑)。

乾燥肌だから、石鹸を使わなくなったようなので、

その乾燥予防のためにも、

メイク落としには、オイルよりも肌にやさしい

アミノ酸系を知ってほしいものです。
 
*
 
ネットを中心に400万本?売れているという

マ〇ラのホットクレンジングゲルにもオイル(オリーブ油)が

使用されています。

ダブル洗顔不要と書いてありましたが、オイル系のクレンジングは

やはりベタつくので、つい石鹸で洗いたくなります。
(購入して私も実際に試してみました。※あるお客さまの話では、
 ベタつきがあるのでクレンジング使用後に50回くらいすすいでいるとのこと)

洗浄成分が「オイル系」のもには、

ベタつき以上にある問題があります。

界面活性剤を大量に配合する必要があることです。

「オイル」は本来、水と混じり合わないので、

混じり合う(乳化)ようにして水で流すために

界面活性剤が必要になります。

この界面活性剤は、石鹸のそれよりも、

さらに強力に肌を乾燥させる力を持っています。

オイルやリキッドタイプのクレンジングには要注意です。
 
*
 
石鹸の話に戻ります。

日本で石鹸が作られるようになったのは、明治時代。

当時はまだ貴重品で、

一般の人は米の糠を使った洗顔料だったとか。

石鹸が普及したのは昭和に入ってからのことで、

長い歴史があるわけではありません。

ただ、日本の水が軟水で、石鹸の泡立ちが良いことから、

いつのまにか顔もカラダも「泡で洗う」ことが、

ボディーソープや洗顔フォームなどの商品PRとともに

広まったようです。
 
*
 
ダブル洗顔をしない福山雅治さん。

ボディーソープを使わないタモリさん。

顔もカラダも、洗い過ぎをやめることが、

若さを保つ秘訣のようです。

pagetop

メーク落とし洗顔

濃厚美容液ケア

ブログ

お問い合わせ