blog

加齢とともに減少するセラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸

2015年3月27日 美人ほど実践しているアンチエイジング美肌術

加齢とともに減少する美容成分。

皆さんがよくご存知のコラーゲンやヒアルロン酸。

そして、もう一つ、最も保湿に重要な役割を果たす成分、

セラミドも加齢とともに減少することがわかっています。

 

 

1
*

 

このセラミド、

女性の肌にとって一番大切な「水分」を維持する働きがあると

知られるようになったのは、

まだ意外と最近で、ここ20年ちょっと前のことです。

化粧品メーカーのコマーシャルなどをみると

まだまだセラミドの重要性は知られていない感もあります。

数ある美容成分のなかで、セラミドに注目した商品は、

セラミドの研究で昔から有名な花王くらいでしょうか。

「キュレル」という商品は過敏性敏感肌に特化したPRで、

美容成分としてはたしかセラミドを1番に

訴求していたはずです。

あとよく目につくのは、

小林製薬の「ヒフミド」という名の商品。

その名の通り、セラミドを全面的に訴求した広告が多いです。

 

*

 

セラミドは肌表面の角質層の中に存在する脂質と呼ばれる成分の

一つです。

コラーゲンやヒアルロン酸よりも、より強く水分と結合する力があります。

だから、湿度が0%になっても、セラミドがつなぎ止めているから

水分は蒸発しません。

また、零下20℃でもセラミドが結合した水分は

凍ったりしません。

まさに、私たちが乾燥した環境や寒いところでも

生きることができるのは、セラミドのおかげです。

*

そのセラミドも、加齢とともに減少します。

肌の新陳代謝が衰えるのはある程度やむを得ないことなので

このセラミドを出来るだけ補うケアが最も有効的な

保湿ケアだといえます。

pagetop

メーク落とし洗顔

濃厚美容液ケア

ブログ

お問い合わせ