blog

クレンジングはこすらない!

2015年4月17日 美人が実践するアンチエイジング美肌術

肌は決して「こすらない」こと。

意外なことに・・・

この簡単にできそうなことが

できていなかったりします。

肌はとても繊細なものです。

「こすらない」ことの徹底が、

5年後の美肌を約束してくれます。

 

◇ ◇ ◇

 

black-brown-eyebrow-eyelashes-Favim_com-2164886

 

肌をこする恐れがある場面、

それはクレンジングや洗顔です。

特にアイメイクを落とそうとして無理にこするのは最悪です。

この「こする」という行為は、

肌を乾燥させるだけでなく、過剰にメラニンを生成してしまうことにも。

自分で自らシミを作りだしてしまう事態になります。

お顔だけではなく、

体もナイロンタオルでゴシゴシ洗い続けた人は、

背中や腕のこすっていた部分にシミが多く

発生していたりすることがあります。

多少マスカラの粉がついていても

無理にゴシゴシするくらいなら、そのまま気にせず

寝てしまう方が肌にはよいでしょう。
(マスカラが多少残っていても肌は傷みません)

 

*

 

目の周りが黒ずんでいたり、くすんでいる人は

日頃のお手入れを再点検する必要があるかもしれません。

皮膚が薄い部分ほど、ちょっとした刺激で乾燥や黒ずみになってしまいます。

洗顔やクレンジングをする際に

無意識に目の周りを強くこすったりしていないか、

花粉や日頃の癖で、目をこすったりしていないか、

振り返って検証してください。

肌はできるだけ「触らない」ほうが透明感を保つことができます。
※こするという物理的な刺激を受け易い「肘」や「膝」は
他の部分より皮膚が黒ずんでいたりするのも同様のことです。
こすらないクレンジングで美肌づくりを!
 

pagetop

メーク落とし洗顔

濃厚美容液ケア

ブログ

お問い合わせ